【サノマ】取扱い開始しました。



CIRO(シロ)

シロ(CIRO)はかつて1921年にアメリカのニューヨークで設立されたフレグランスブランドです。

1960年代以降、長らく休眠状態に入ったのちに現代の別のドイツのフレグランスブランドであるLINARIのオーナーであるレイナ― ディエシェ(Rainer Diersche)氏よって復活を遂げ、2018年に6つの香りを携えて華々しく復活を果たします

6つのうちの一つ、『プタハ(Ptah)』は1923年発売後に一度は廃番となった香りの復刻版です。

CIROの香りはクラシックな様でいて現代的で、シンプル、かつやや控えめな印象。いずれもオードパルファム(EDP)ですが極端に強すぎず弱すぎず、多くの人にとって使いやすく、かと言って被りにくい中庸を攻めた様な香りです。

海外の香水にしては珍しく、30%近い濃度がありながらも淡く儚げな香りのいでたちは日本人の好みや日本の気候にとても適していると感じます。自己主張のための香水と言うより、自分だけでまとって楽しむ香水なんだなあとつくづく思う次第です。

ボトルも凝っており、キャップ部分の金属は太く重く、首の座りの良い安定型。使う度に脱着を繰り返す部分でもあり頑丈です。

更にはスプレーも良くて、香水液の噴霧がとても柔らかく、肌に綺麗になめらかに広がる形で付着してくれます。他のスプレーと一味違うのでぜひ比べてみて頂きたいですね。

こう言った細かいクラフツマンシップも含めてCIROをお楽しみ頂ければ幸いです。